« 耳の日光浴で菌交代現象 | トップページ | これで何がわかるでしょうか。 »

2015年8月30日 (日)

日本アニマルアロマセラピー協会でレシピを公開しない理由

以前、フレグランスジャーナル社の講演である獣医師の方から、なぜ症例を紹介する際にブレンドのレシピを明示しないのか、という質問を受けたことがあります。

よくアロマセラピー関連のブログなどをみると、こんな症状にはこのレシピーというような表示がなされています。きっと、アロマの教育機関でも、Aといレシピはこれこれの症状に、Bというレシピはこれこれの症状に効果的だというような情報を提供なさっていることと思います。 私どもが使う精油ブレンドのレシピを公開しないのは、良識ある精油の分析化学者たちが、異口同音に市販の精油の95%以上に人工的な手が加わっていると公言なさっているからです。

精油の偽和の問題を別にしても、精油中に含まれる成分も、ロット/ボトルごとに異なります。偽和のない精油の入手が極めて困難な状況下で、レシピだけが一人歩きをしたら、どんなリスクがあるでしょうか。精油の種類と滴数が書かれているレシピで、まったく同じブレンドをつくることは不可能なのです。

人のアロマセラピストは動物のアロマセラピストにはなれません。なぜなら、動物は種ごとに肝臓の酵素の種類も数も異なることが判明しており、今では遺伝子レベルでその差が解明されています。そのことを知らずに、レシピだけの情報を得て、自分のペットに試そうと思う飼い主さんがいたとしたら、動物の生死にかかわる事象が起こり得るのです。

精油成分は、動物の体内の種々の酵素に対して大きな影響を及ぼすことも解明されつつあります。そういう代謝に関する情報を得ずに、具合の悪いペットに、ネット上にある情報を鵜呑みにし、いきなり市販の精油を使うということは、あまりにも無謀だというほかありません。今受けている動物病院で出されているお薬と、相互作用も懸念されます。安易なペットのアロマセラピーは、決して行ってはなりません。

« 耳の日光浴で菌交代現象 | トップページ | これで何がわかるでしょうか。 »