« 2018年4月 | トップページ

2018年6月

2018年6月22日 (金)

沈香、白檀、木香について

国会図書館情報を調べましたら、1997年に、奥川氏より、沈香、白檀、木香の活性成分が発表されていました。セスキテルペノイドが主体ですが、沈香からは、jinkoh-eremol、agarospirol、白檀からは、α-santalolとβ-santalol、木香からは、dehydrocostus lactoneおよびcostunolideが同定されました。

恩師のマーチン・ワット氏に報告すると、大変喜びました。日本のお香に興味があるとのこと。ついつい、Arthur Waleyの源氏物語を読んでみて!と。

紫式部は、様々な情報を持っていたようで、源氏物語中にも大変貴重な練香の話が登場します。
日本人にとっては、人工的に濃縮された精油の香りより、薫香生薬の香りの方が馴染み深く、より魅惑的かも知れませんね。

空蝉という女性が、突然の衣摺れ音と、独特の香りを察知し、襲いくる光源氏から逃げたというエピソードが物語に書かれていますが、一体、どのような香りだったのでしょう。

和の香り、それはそれは奥深く、勉強しなくてはならないことがありすぎて、、、。

2018年6月19日 (火)

ホームページを引っ越します

日本アニマルアロマセラピー協会のホームページは、

下記に引っ越しとなります。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年6月 7日 (木)

今度こそ、、、


先日、時事通信社のあるコラムを担当するノンフィクションライターさんの取材を受けました。
今までも、主要なTV局、大手新聞などの取材を真摯に受けて参りましたが、ネコに対する精油の危険性を真剣に取り上げて下さったのは、東京新聞さん以外は皆無です。記事やニュースになる前に、きっとスポンサーがらみのことなのでしょう、取材内容が紙面に登場することはありませんでした。
記事を配信してくださった由のご連絡がございましたので、きっと、これから地方紙で記事にされていくことと、大いに期待しています。
お忙しいなか、わざわざ私どもの協会へいらしてくださったライターさんに心から感謝いたします。1頭でも多くの動物たちの命が救われますように願うばかりです。
日本アニマルアロマセラピー協会
田邉和子

« 2018年4月 | トップページ